肉用牛繁殖経営支援事業
 
事業の目的
 肉用子牛の四半期毎の平均売買価格が発動基準を下回った場合に、当該四半期に販売又は自家保留された肉用子牛を対象として、支援交付金が交付されます。
 
事業の対象者・対象子牛
    @ 肉用子牛生産者補給金制度の契約者であり、
    A 補給金制度の個体登録が行われている肉用子牛(販売又は自家保留された肉用子牛)
     が対象です。
 
対象品種・発動基準                            
対象品種 黒毛和種 褐毛和種 その他の
肉専用種
平成29年度発動基準 46万円 42万円 30万円
平成28年度発動基準 45万円 41万円 29万円
平成27年度発動基準 42万円 38万円 28万円
 
支援交付金単価   29年度                    (単位:円/1頭当たり)
区分 黒毛和種 褐毛和種 その他の
肉専用種
平均売買価格 第1四半期 809,400 724,200 356,900
第2四半期
第3四半期
第4四半期
支援交付金単価 第1四半期 - - -
第2四半期
第3四半期
第4四半期
 
支援交付金単価   28年度                    (単位:円/1頭当たり)
区分 黒毛和種 褐毛和種 その他の
肉専用種
平均売買価格 第1四半期 797,900 695,900 508,100
第2四半期 812,100 764,800 389,600
第3四半期 849,200 829,900 372,500
第4四半期 851,400 777,600 360,200
支援交付金単価 第1四半期 - - -
第2四半期 - - -
第3四半期 - - -
第4四半期 - - -
 
支援交付金単価   27年度                    (単位:円/1頭当たり)
区分 黒毛和種 褐毛和種 その他の
肉専用種
平均売買価格 第1四半期 645,400 539,200 338,900
第2四半期 664,100 573,600 328,900
第3四半期 707,700 623,300 484,500
第4四半期 768,500 691,200 478,200
支援交付金単価 第1四半期 - - -
第2四半期 - - -
第3四半期 - - -
第4四半期 - - -
         
いつ支払われるか?  
 四半期毎に公表される肉用子牛の全国の平均売買価格が、発動基準を下回ったときです。
 
対象となるのは?  
 その四半期に販売又は自家保留された肉用子牛が対象です。
 
支払い方法は?  
 肉用子牛の全国の平均売買価格と発動基準の差の3/4が支援交付金として、補給金と同じ時期(四半期ごと)に支払われます。
 
           
 
事業への参加申込が必要です
  支援を受けるためには、肉用子牛生産者補給金制度に加入のほか、この事業への参加申込書の提出が必要です。
 
肉用子牛生産者補給金制度への加入について
 肉用子牛生産者補給金制度への加入手続きはいつでも可能ですので、市町村を通じて畜産協会わかやまと「肉用子牛生産者補給金契約」を結んでください。法人であっても一定の条件を満たせば加入できます。
 
   詳しい内容については、「畜産協会わかやま」にお問い合わせください。       
公益社団法人 畜産協会わかやま   電話: 073-426-8133
                          FAX: 073-435-2118
             一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
戻る