平成25年度畜産経営支援者研修会 ご案内
 
 畜産経営の課題解決を支援する専門家や都道府県等の経営支援者を参集し、経営支援のために有益な情報の提供等を行い、専門家等の経営支援活動の参考に資することを目的として畜産経営支援者研修会が開催されますので、ご案内いたします。
 
開催日時
平成26年2月10日(月)13:00〜17:00
主催
畜産経営支援協議会
開催場所
機械振興会館 B3階 研修−1会議室
  〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
   
テーマ
   これからの畜産経営〜畜産経営支援のあり方〜
 
概要
 日本の畜産経営を取り巻く情勢は、配合飼料価格の高騰、国際化への対応や高齢化、後継者不足など課題が山積しています。
   このような中、畜産経営では6次産業化に代表されるような経営の基盤強化や経営技術等の多様化に向けた取組が進んでいます。
 そこで、本研修会では、今後の畜産経営の方向性を考える上で様々な選択肢がある中、経営者がどのように自分にあった経営スタイルを選択していくべきか、選択の成否の鍵を握る”経営”とは何かを考え専門家等の支援活動に参考となる情報を提供します。
内容
1)講演(13:00〜14:00)
 ○経営の選択肢と助言のポイント〜経営とは自分の思いを人を通じて実現させること〜
 概要:経営の道筋をどう立てていくべきか、経営個々の経営条件等に合わせたより適したスタイルを提案・助言するためのポイントを畜産の枠組みを超えた情報の提供をしてもらいます。
 講演者:DABアグリ研究所 木村信男氏(岩手大学名誉教授、KBAS塾長)
2)話題提供(14:00〜15:30)
 ○経営者はこう考える
 概要:今、経営の将来に向けて”何を考え”どう行動しているのか、経営者が語ります。
 話題提供:(酪農経営、群馬県)農業生産法人 有限会社ロマンチックデーリィファーム 代表取締役 須藤泰人氏
        (肉用牛経営、茨城県)佐藤宏弥氏
        (養豚経営、長野県)株式会社あずみ野エコファーム 代表取締役 川上康治氏
 ○新しい時代を切り開く経営者の思い〜新規就農者が語る〜
 概要:大学を卒業し0から歩み始めた若き畜産経営者が、未来への思いをビデオ出演で語ります。
 出演者:(酪農経営、静岡県)工藤茂氏
3)ディスカッション(15:30〜17:00)
 テーマ:これからの畜産経営支援のあり方を考える
 概要:畜産経営が抱える課題克服の先に見える畜産経営の可能性、その中で畜産経営支援者の果たす役割と責任。
 パネラー:講演・話題提供者及び
       早川 治氏(日本大学生物資源科学部准教授)
       近藤康二氏(中央畜産会常務理事)
 司会進行:小田中久康(畜産経営支援協議会)
参集範囲
 畜産経営支援に携わる者(都道府県等行政、普及指導員、都道府県畜産協会、農業協同組合等畜産関係団体、畜産経営・技術等の各種専門家・経営支援者)
参加申込方法
 平成26年2月6日(木)までに別紙申込書により畜産経営支援協議会までお申し込み下さい。
   
   
  戻る